農道簡易舗装工事(シールコート1層)

着手前↓

工事後↓

このたびは問い合わせの多い工事ということで、農道の簡易舗装「シールコート」をご紹介します。デコボコの砂利道を、草を刈って、できれば根をとって、グレーダーという重機で平らに均して、ローラーで転圧します。

ローラーで踏むと、平らなカチカチの道ができます。そのうえに、アスファルト乳剤を散布して、小さな砂利をまきます。乳剤を撒いたところが黒くべたべたになるので、そこに7号砕石とよばれる小石の層をうっすら作ってあげます。

それをまたもやローラーで押し付けていきます。ゴロゴロ。。。

はい、出来上がりです。道がきれいに平らになって、行き来しやすくなりました。田植えや稲刈りなどの、田んぼ仕事が忙しい時期をはずしての工事がおすすめです。今回は1層でしたが、1層を2層にすることで耐久性も上がります。ご興味あるかたぜひお問い合わせください。

上空から見ると、、、こんな感じです、アスファルト乳剤の影響で黒っぽく見えるところが施工したところです。遠くに見えるのは弥彦山、もうじき紅葉がはじまります。