てっけん、新津鉄道資料館ふたたび

今日はパパの日。ということで新津鉄道資料館へ行こう!と息子を連れだし男二人旅。

混雑時間を避けて、開園時間朝いちばんの入館です。

さっそく、お気に入りの電車運転シミュレーターコーナーで、中央線を運転。アクセルとブレーキの掛け方がとても難しく、駅をはみ出して停車してしまいます。がんばれがんばれ。こちらが今日のお目当ての特別展示。新大鉄研(しんだいてっけん)、つまり、新潟大学の鉄道研究部のお兄様達が本気で作成した、本気のプラレールです。すごーい!ご当地レアものの現美新幹線のプラレールや、SLばんえつ物語号(客車付き!)がありました。すごーい!

あれこれじっくり覗いていると、お兄さんが、息子のもってたプラレールを線路に乗せてくれました。写真を撮影させてもらって、大喜び。鉄道愛は万国共通。こどもに夢を与えてくれるすばらしいサービス精神のお兄さんたちでした。

あの電車買って、このレール買って、とせがまれて大変でしたが、パパのおこづかいではこんなにたくさん買えないんだよと説明したら、パパはたよりにならないなあと言われてしまいました。ぼくもおおきくなったら、しんだいてっけんのプラレールのおにいさんになるよ、ということでした。うんうん。

新津は歴史ある鉄道の街、ということで、歩道にも列車のデザインタイルがあしらわれています。すてきな街ですね。

帰り道にはお決まりのコース、駄菓子屋「昭和基地一丁目C-57」のイートインで玉こんにゃくを頂きました。味しみあたたか、おいしかったです。

息子よ、すくすく育って、新大に入ってくれるまで、とうちゃんがんばるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

丸山屋さんのオムライス

次の記事

揚げ出し豆腐を作ってみる