鉄骨建屋の建築工事

平屋の鉄骨建屋の建築工事です。

設計時の打合せで気を付けたことは、気候条件です。

信濃川沿いの立地なので常に西風が強く吹いていることと、冬季間の積雪があります。
まず、風雨にさらされシャッターボックスが傷まないように、ボックスを内巻きにして室内側に収納しました。
次に、積雪時にも出入り口の開閉ができるよう引戸にしました。
さらに、融雪用のサニホースを設置することもあるので土間コンクリートの勾配をきつくし水はけを良くしました。

製品検査を行う場所ということで、高い位置に窓を配置して手元が明るくなるように配慮しました。
また、試験的にこれまで塗装床だったものをカラーコンクリートにしました。
定期的な塗床作業が軽減されるといいと思います。
建築工事のご相談をお待ちしております。