なかのん

中之島といえば「なかのん」。なかのしまの広報誌によると、なかのんが特殊詐欺被害防止推進員になったという記事がありました。なかのん、すごいね。


舗装工事を行いました

先日、道路の舗装工事を行いました。

まずは道路を切削して傷んだ舗装を取り除きます。

 

 

 

その後、路盤の食いつきを良くするために乳剤を散布し、その上にアスファルトを敷き均します。
道路は基層と表層の二層でできているので、まず下の基層から敷き均します。

 

 

 

転圧を行い、基層はできました。

 

 

 

同じように基層と表層の食いつきを良くするために違う乳剤を基層の上に散布し、表層を敷きならした後に表層も転圧します。

 

 

 

これで工事は完了です。
後は、アスファルトが冷めるのを待ち、開放しても良い温度まで下がった後に道路を開放して全て完了となります。


にらみあいの末

猫との相性が悪いわたし。道を通ろうとすると、道のまんなかに猫、発見。すごい睨まれて、困りました。こちらのお宅様の猫ちゃんらしく、道をゆずってもらえず、私が避けて通らせて頂きました。そう、ここは猫興野という番地名なので、猫を大事にしよう。


ゆでたてのえだまめ

みなさん、枝豆の季節ですよ!ゆでたて、ホカホカ、塩っけたっぷりの、えだまめですよー!!

はい、ビール片手に、カンパーイ!


道路改良の工事

道路改良の工事が新しく始まりました。

手前までが前年度に行われた箇所で、そこから先を今年度で工事します。

まずは工事開始前に下見で写真を撮ってきました。


ほほほ

本日は晴天なり。晴天な今日の工事は、舗装です。ひび割れた舗装だったり、路面がすこしずつ沈下してマンホールとの段差がおおきくなると、大きな車がとおるたび、ガタガタいいます。車に乗って通過する人にはなんてことない話ですが、地元の住民からすると、ガタガタを気にして生活することになるので、大変です。前置きが長くなりました。というわけで、舗装修繕です。マンホールのまわりの舗装版を切ってはがして、新しく施工しなおします。エイエイッ。

スラ―。

さすがは歴戦の勇士、地元の職人さんたち、とってもきれいに仕上げてくれました。

スラ―。

大型車が通過する音もしずか、ガタガタいいません。

きょうも暑い中、アツいお仕事、おつかれさまでした。

 

舗装修繕した道路とときまして、妻の言いつけととく。

そのこころは。

ガタガタいいません。

おあとがよろしいようで。。。


そうだ山へ行こう

そう、今日は草刈りの下見に、とある山へ行きます。角田浜の近くの、八珍亭というラーメン屋の近くの、とある山です。道中いわむろのジェラートやさんもあり、気分は最高なのですが、いかんせん、目的は仕事です。

ここ中之島からですと、弥彦神社の大鳥居も通過して、1時間少々の道のりです。

毎年楽しみと言えば楽しみな行程でもあります。

去年は、草刈りの下見した場所に、とげとげの木、アカシアというのが生えていて、それを軽自動車で踏み越えて帰ってきたら、みごとにタイヤがパンクしました。

自動車修理屋さんは、とげとげがたくさんささったタイヤをみて、あんたどこ行ってきたんだね、とたいそう不思議がっておりました。ことしは昨年の反省を活かして、そんな木を踏み越えないで現況調査を巡視にて行いたいと思います。

晴れるといいなと思いましたが、雨です。それもまた、よしです。


テッキョ撤去

本日は晴天なり。梅雨の中、お天気に恵まれた今日は、そう、金庫扉の撤去の日です。

古い、人間の背の高さもある、金庫扉、たった1枚ですが、重さが推定800kgあるそうで、私は今、その撤去工事の現場にいます。

当時、建物の中にどうやって持ち込んで、吊りこんだのか、重すぎて謎です。

今日は、すごいプロの人たちが、かけごえ上手にチームワークよく、パワフルなぞうさんのような台車でつるして、こどものほっぺたをなぜるようにやさしく倒して、みんなでゴロゴロ運んでいきました。

持ち主の管理者さんのおっしゃるには、建付けが悪くなっていて、閉まったときに開かなくなって、閉じ込められてしまうおそれがあったので、撤去できてよかったとのことです。

たしかに、おもすぎて中から体当たりしても開けられないな、という感じのドアでした。

さいごは建物の外で、ものすごいUFOキャッチャーみたいなクレーン付きトラックがきてくれて、むんずとつかんで持って帰りました。

今日きてくれたのは、三島地区の工事屋さんでした。こういう特殊な仕事をスイスイできる方たちって、かっこいいですね。


風の谷の平野のわたし

ラン、ランララ ランランラン、

わたしはいま、グレーダーとともに中之島地域の平原、みどりの田んぼのなかで風を感じています。

そう、いうなれば、気分は風の谷のナウシカ。金色の平原をあるくあのシーンです。

冗談はほどほどにして、

一面に広がった田んぼ。稲が風で揺れ、とてもいい景色です。土木の現場は風景がきれいなのがいいですね。大自然に心が洗われるようです。

私は今、農道補修の現場管理をしております。田んぼの間を走る農道の砂利道を、グレーダーで平らに均す、やりがいのある、地に足のついた仕事です。


新型肺炎のアプリをインストールしました

職場内クラスターという単語を目にしました。緊急事態宣言や県外移動自粛の解除を受けて、そういったフェーズに来たのだろうと思います。職場としても、職員としても、注意はしているけれど、改めて目にするとぎょっとする単語です。弊社でも消毒液や非接触型体温計の常備はもちろんのこと、打合せデスクにアクリルパネルの衝立を用意したり、常時換気したり、3密を回避する、距離をとる、、、と一般的にできることはほぼほぼやっております。
先日、新型肺炎用のアプリが厚生労働省よりリリースされました。さっそく私もダウンロードしました。振り返って、この日はいつどこで何をしていたか、とモレなく記録するのは大変なことです。そういった大変さを緩和し、より確実な情報を残すために、まずやってみようというところです。

そんな今日のランチは、プリキュアカレーです。息子3才には、まだプリキュアは早かったようです。