出窓の修繕、板金張替工事

この日は出窓の板金張替工事を行いました。板金屋さんが張ってくれたピッカピカのカラー鋼鈑で、とってもきれい、きもちがいいです。ダークブラウンの板金に、軒裏のホワイトがピリリと効いて、よいアクセントになっております。こちら若くて腕のいい職人さんで、私も大変たよりにしております。一方、元窓メーカーの営業マンだったわたくしとしましては、この窓を〇〇年大切に使ってくれていることにとっても感動しました。感謝の気持ちを込めて、クレセントと戸車の調整をさせて頂きました。そもそもは出窓木部のたわみ、元をただすと板金継ぎ目からの漏水があり、この出窓修繕工事となりました。このお施主様は住宅を、ものを、とても大切に使われるお施主様でしたので、私もついつい思いを込めて作業をさせて頂きました。リフォーム工事に愛を込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

鋸山

次の記事

らっきょうを食べる