秋の夜長はビアリーで

いつぞや2か月くらい前に車のドアに指をはさんだ件で、ようやく新しい爪が生えてきました。

生命のふしぎといいますか、ドアのゴムパッキンの形がそのままに成型された爪が出てきて感動しています。

指先に古い爪が2重になって残った部分があり、娘(新生児)を抱くさいに邪魔になったので爪切りで引っ掛けて取りましたら、まだ完全に分離していない状態でものすごく痛くて痛くて、若干39歳のおじさんながら泣いてしまいました。息子によしよしと慰められて気を取り直した次第です。
歯が抜けそうな息子には、ひっぱれば取れるよケラケラ、と軽口たたいていましたが、息子にやさしくされてまた涙がでました。

爪は引っ張って取ると拷問的に痛いということを再認識した秋の夜長。

アサヒビールさんのBEERYビアリー(ALC.0.5%)で酔っ払って勢いが付いていた私。反省。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

洗濯機に潜る猫

次の記事

除雪講習