地震で窓が開いていて

1月1日や9日の地震で、引違い窓のカギ(クレセント)のかかりが甘かったところの窓が、うっすら開いていました。きづかないまま日々を過ごして、23日からの大寒波がきたときに寒っ、となってやっと気づきました。地震で、窓はあきます。みなさm、地震のあとは、開いている窓がないか、ひとつずつチェックしてください。

 

余談ですが、私は忙しいときや考え事をしているとき、カッパを着た時など、ふと下をみるとチャックが開いていることがあります。きっと「妖怪チャックあけ」のしわざです、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

長岡市の100年