モー、ケッコウ

鶏口牛後

①三省堂四字熟語辞典より

大きな集団や組織の末端にいるより、小さくても良いから長となって重んじられるほうが良い、ということ。

②学研四字熟語辞典より。

たとえ小さな組織でもそのリーダーになるべきで、大きな組織の下っぱに甘んじていてはいけないということ。

 

えー、長い話になります。

高校時代に流行した漢字検定に、わたしもハマっていた時期があって、私は数ある四字熟語のなかでこのことばは非常に好きでした。

私が三人兄弟の真ん中で育って、早くから実家を出るように教え込まれていたのも、理由のひとつかもしれません。

そして、社会人になって、就職して、転職した会社、つまり今の会社で、とある先輩が、この言葉を話してくれました。

私はそういう気持ちでこの会社で仕事に向かっているんだと。

 

ぶるっ。

かっこよくて身震いしました。同じ思いをもつ人がいるこのうれしさよ。

 

ぶるっ。

これはソフトクリームを急いで食べたら、さむくて身震いしたときの絵。長岡駅のショッピングモールにある、安田ヨーグルトさんの売店のバニラソフトクリームです。

なんと今ならウエハースが無料のキャンペーン中ですヨ。

にわとりもいいけど、牛もいいよね、きょうはそんなオチ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。