へいらっしゃい!

4月のある日。おすし屋さんにあこがれる息子の、息子による、息子のための「お寿司大会」がはじまった。

鬼に金棒、息子に「巻き簾」。巻きすを得た息子は無敵。

魚が無くても、酢飯がなくても、ただお寿司をつくるのみ。である。↑「みんなにっこりおすし屋さん」の看板。表情的には笑ってはいない。メニューは細巻きのみ。白ごはん+具の構成。

この日のおかずはきんぴらごぼう。ゆえに、細巻きもきんぴら。ひたすらきんぴらなので、もっと違うのをください。と言ったら。。。

おまめを入れてくれた。やさしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

ステイホーム