海終わる

息子の背中にできものができてしまいました。

うつったりはしないのですが、しみるので、海に行くのはやめようという事になりました。

海に行きたい息子は泣きました。

泣いた息子の怒りは治まらず、パパの指にフーフーしました。

ドアに挟んだ指は、風が吹いても痛いのです。パパも泣きました。

泣きながら二人で海を見にいくことにしました。

この日は雨でした。雨だから、車からみるだけにしようねと言ったら、なんとビックリ、雨の中たのしそうに遊んでいる家族が1組だけいました。4人の家族は、ウフフアハハ、それはそれは楽しそうに、一生に一度の海、この一瞬に一生をかけるような楽しそうな様子で、ゲラゲラと笑いながら遊んでいました。

僕も遊びたい。泣きじゃくる息子に気圧されて、私達も砂浜で遊びました。

ビショビショになりました。

一休みしてゲラゲラ家族のお父さんと目が合うと、「お互い大変ですね」と声を掛けられ、笑いあいました。

その方の車のナンバーをみたらとなりの「海無し県」でした。

海への思いは、どこも変わらないなと思ったこの夏の海でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ごあいさつの教え

次の記事

パイナップルの日