ふうせん100回

イクメンです。息子と風船100回チャレンジをやっています。いまは虫歯菌がうつるので風船を口で膨らませると怒られる時代になりました。

ですので手で空気を入れるポンプで膨らませています。

空気を入れているあいだしっかり押さえないと、ブビブビブビーととんでいってしまいます。

息子はそれが面白いらしく、それだけで30分くらい無駄に空気を入れていました。

で、100回ポンポンを目指すということで、5歳児なりにがんばって上に向かってあげるのですが、なかなか連続は難しい。パパも手伝ってようやく80回を超えたところで、息子が落としてしまいました。落とすと0から数え直しです。これがまた長い。

パパ、困ったあげく、見て見ぬふりをしてしまいました。

ごはんの時間が迫っていたのです。

パパが見ていない、とわかったら元気よく82-83-と続ける息子。ズルなんですけど、なんだか微笑ましく、100になったら二人で手を取り合い喜びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

胸ポケットにボールペン

次の記事

窓の内側に窓をつける