中之島さんぽ、からの猫さんぽ

中之島を散歩。このあたりではいま、芝桜がとってもきれいです。

ゴールデンウィークが終わり、田植えも終わりました。

田園風景の向こうに見える山々からも、雪がすっかりなくなりました。

こいのぼりのあるお宅をみると、息子も大よろこびです。

「小さいのが僕のこいのぼり、真ん中がママのぼり。おおきいのがバアバ。虹色はジイジ。」。。。パパは?

こういうときじぶんの存在感の薄さを実感します。

夕方の中之島図書館。いま長岡市立図書館の各館では子供たちに「ささぼんシール」を無料配布中です。うちのこももらいにいきました。笹団子のご当地キャラクターとあって、息子も大喜びでした。図書館でバーバパパと、電車の絵本を借りて、帰るそのとき、衝撃な光景を目にしました。

※写真はありません。

なんとビックリ、大人の男性が、猫を散歩しているのです。

首輪もなく。ロープもなく。

猫はいっしょにトコトコ歩いてます。衝撃。

男性の歩くスピードに合わせて、ちゃんとついていく猫。ナニコレ珍百景。

わたし、どビックリ。

むすこ、おおよろこび。

「うちの猫でもやってみよう!」猫のかごを開けて連れ出そうという息子。

「いや、帰ってこないんだよ、ふつうは。」「だって、見たもん!」

説得に苦労しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。