インターンシップ実施報告

昨日は雪の降る中、県内の学生さん1名にインターンシップを実施しました。ご希望は営業業務、ということでしたので、公共工事と民間工事それぞれについて様々な段階の業務を一緒に体験して頂きました。工事に関わる見積書や請求書の作成・提出。除雪稼働記録の書類作成と報告。工事を控えた現場の日時調整や、工事内容や数量の確認打合せ。道路使用許可証の申請(経由印の受領~提出)。

工事する会社といっても、実際の工事現場が動いている影で、こまごま事務処理をしている人がいるんです。なおかつそれらがより円滑にスムーズに進行するように、どうすればいいか、何をすればいいか、を常に考えて先回りする仕事です。という説明をさせて頂きました。偉そうなことを言っても、実際には、先回りにならないで事件が起きてしまったものを処理することもありますが、そこはそれ。とにかく、その時それぞれの立場でできることがあるんですよ、モノ作りに関わるのは楽しいですよ、という話をさせて頂きました。

よく、テレビなどで、いまどきの若いもんは、、、などと耳にする事がありますが、なんのその。昨日松井組に来てくださった学生さんは21才にしてはずいぶんしっかりしてるなあと、みな感心しておりました。

いつかその方が社会人になってバリバリ仕事をしていく中で、ちょっと中之島に立ち寄ったら、あのとき松井組であんなことしたなあ、と少しでも思い出して頂けたら、本望です。

ただいま、次なるインターンシップの打合せ中です。

松井組は地元で長く勤めたいという学生を応援しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

凍み渡り